人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:ロケットストーブ? ( 3 ) タグの人気記事

ロケットストーブ?改造!
f0164410_21253750.jpg

 昨冬は、『ロケットストーブ?(もどき)』が、後半から煙突の不具合から煙の引きが悪くなり根本から考え直すこととなったのでした。

 その原因は、アルミのダクトを煙突として使っていたのですが、そのアルミ煙突に「木酢液」による腐食でピンホールができ煙突の機能を果たさなくなったからのようです。

 今冬は、玄関を入ったコンクリートの土間(内装工事が未完成)で、試験的にオープン方式の『キッチン用ロケットストーブ風』に改造してみました。

 リビングで使用していた「七輪(2ヶ)・練炭火鉢?・アルミ寸胴鍋」に、新たに『ステンレスの煙突・ペール缶(2ヶ)・ステンレス寸胴鍋・耐火煉瓦・パーライト(保温材)』を追加しました。

 ロケットストーブ?の『ヒートライザー(保温煙突)』を前回の約2倍:90cmにし,内側をステンレスの煙突(直径10.5cm)にしてみました。

 着火時と薪の乾燥が足りなくて燃えにくくなると煙が気になりますが、燃え始めると勢いよく音を立てながら炎がヒートライザーへ吸い込まれていきます。

 今回は、焚口に、七輪に付属していた『穴あき素焼きの円板』を置き、空気の調整をすると燃えが良くなるようです。

 煙突の直径が10.5cmなので焚口に入る薪の量が少なく『火力の不足』と『薪の補給がひんぱん』になることが難点です。

 しかし、今のところ、煙突なしですが、燃し方に気を配れば、煙はある程度我慢できる範囲のようです。

 これから、煙突の工夫をする予定です。

f0164410_21261742.jpg
f0164410_21365272.jpg
 
by sanpuuan1108 | 2013-01-18 21:49 | 手作り | Trackback

273.薪作り!

割り:大忙し
f0164410_13424258.jpg


 今冬は、実に寒いです・・・この寒さで早咲きの『河津桜』の開花が2週間くらい遅れているようです。

 今年の寒さは、『ロケットストーブ(もどき)』に使う、薪の消費を促しています。

 ロケットストーブもどきの「かまど式薪ストーブ」は、薪の消費がかなり少なくてすむものの薪割りをすることが多くなってきました。

 近所の方に紹介してもらった『斧(スウェーデン製)』と『薪割り補助具(古タイヤと切り株)』を使っています。

 この斧と薪割りの補助具が、なかなかの優れものでたいへん助かっています。

 ある人が、『薪ストーブ』は、3回暖かくなると・・・①木を伐る時、②薪を割る時、③薪を燃す時・・・なかなかうまい事を言うと納得した次第です。

 日当りを良くするために数年前に伐採した裏山の木々が、少々朽ちはじめているものの薪となり重宝しています。

 もうしばらく、薪割りが続きそうです。

f0164410_13425916.jpg

 

 
by sanpuuan1108 | 2012-02-20 13:48 | 暮らし | Trackback
メルトダウン・・・やばい!!!
f0164410_1344480.jpg

 『原発』ではありません!ご安心下さい。
 それは、ロケットストーブもどき:『七輪タイプ・薪ストーブ』の外筒として使った「アルミ寸胴鍋(逆さに被せた)」の底がメルトダウンを起こし穴が開いてしまったのです。

 ロケットストーブの重要な特徴である『ヒートライザー』(断熱・保温された煙突?)の代用として『七輪を2個重ねたもの(上部の七輪は底を抜いてある)』を使っています。
 この『2個重ねた七輪(ヒートライザー:もどき)』の役割は、①強烈な上昇気流をつくる、②高温に保ち完全燃焼をめざす、というねらいがあるようです。

 なぜメルトダウンが起きたのか?

 それは、逆さに使ったアルミ寸胴鍋(2個重ねた七輪をカバーした)が、空焚き状態となりアルミの融点に達したからです。
 七輪の円筒部分を覆っているアルミ寸胴鍋の中心から直径約5センチが融けてしまったので、約660℃以上の高温になっていたことになります。それは、アルミの融点が660℃強だったからです。
 このことから、「2個重ねた七輪」は、かなり『ヒートライザー』に近い役割を果たしていることになりそうです。
 この『ヒートライザー』が、どのようにロケットストーブとなるか?および構造は、次の機会にリポートします。

 メルトダウンを起こした「アルミ寸胴鍋の穴」は、「南部鉄のすき焼き鍋」を逆さにし被せ塞ぐことにしました。
 鉄の融点は、約1300℃なので、たぶんメルトダウンは起きないと考えたからです。

 この薪ストーブは、リサイクル・ストーブなので、かなり面白い姿だと思ったのですが、このたびのトラブルの修復で、すき焼き鍋を被せ、ちょっとチンケな感じになりつつ・・・まだ進化?しそうな予感です。
 
f0164410_13442232.jpg
 
 

 
by sanpuuan1108 | 2012-01-20 13:57 | 暮らし | Trackback