終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:ハーフ・セルフビルド ( 17 ) タグの人気記事

254.内装工事

地震ビックリ!食器棚ストッパーを!
f0164410_2221136.jpg

 8月1日(月)深夜に、ガキーンと強烈な揺れ!

 ついに、東海地震か?・・・と一瞬、頭が真っ白になりました。

 でも、揺れはすぐに治まり、被害もなく一安心・・・ラジオとインターネットで確認!

 東伊豆町・駿河区で震度5弱・マグニチュード6.1とのこと、震源は駿河湾でした。

 しかし、山風庵の天神原は、周辺の地区から震度4(発表)と思われますが、実感としては震度3位に感じました。

 そこで、今日、キッチンの食器棚がオープンなので滑り止めの板を追加工事しました。

 ただ、食器を置く底板より約5㎜高い板を前面に打ち付けただけです。

 写真ではあまり違いが分かりませんが、【ブログ:NO.250】の食器棚の写真と比べてみて下さい。

 残りの地震対策を早急にしなきゃと・・・・・今回の地震は、直接「東海地震」とは関係しないとのことですが・・・。
f0164410_22214016.jpg

 
[PR]
by sanpuuan1108 | 2011-08-03 22:27 | 家造り | Trackback

249.内装工事

キッチン:食器棚完成
f0164410_17297100.jpg

 ようやく、キッチンの食器棚が完成しました。

 食器棚は、素人にも作りやすい「戸無しのオープン」で、キッチンの壁を側板に使うという簡易のものです。

 しかし、支柱など単純にビス止めせず、少し刻みを入れ組み込む方式にしたため、設計に時間を要してしまいました。

 食器棚といえども、かなりの材料を使うことにも気付きました。

 完成してみて、ここはあーすれば良かったと反省することしきりです。

 内装工事を、生活しながらすることのメリットも確かにあるのですが、今回のような食器棚作りは、現在使っている食器を全て移動させることになります。

 そこで、カミさんには、その度に移動作業が必須なのでいつも苦労と不便をかけています。

 今回の食器の移動が、最後となる・・・と少し笑顔が見られたような・・・?

f0164410_17293562.jpg

 

 
[PR]
by sanpuuan1108 | 2011-06-07 17:44 | 家造り | Trackback

239.内装工事

縁側壁張り完了
f0164410_215518.jpg

 縁側の壁張りがどうにか完了し、縁側が1つの部屋みたいで限られた空間になり、すごく落ち着きます。
 
 上の写真で、南西側の縁側:右下に壁が抜けてる部分、ここは玄関の土間から入れるように小さいドアを作る予定です。

 寒くなる前に、縁側から風の侵入を少しでも防ぐために腰板までは張ってありました。

 今回の作業は、見切り板とドア・障子の部分の額縁を付け、縁側は吹き抜けで天井がないので桁・梁まで杉板を張りました。

 外部に面する壁は、約15㎜厚の杉板で、内部の壁は、天井板と同じの約10㎜厚の杉板を張りました。

 ここで作業手順を間違い、和室の珪藻土の壁にひびが入ってしまいました。

 本来なら縁側の壁を張り終えてから、和室の壁を塗るべきだったのです。

 壁に杉板を釘で打ち付ける時に基礎材が動いてしまったからでしょう。

 最終の壁塗りの時にひび入り壁をリカバリーできればと考えています。f0164410_215368.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2011-04-27 21:15 | 家造り | Trackback

237.内装工事

キッチン:三角棚完成
f0164410_21153914.jpg

 キッチンの三角棚が、ようやく完成しました。

 全部で五段の棚となりました。

 棚というのは、収納量がすごいことに驚きます。

 キッチンにあった諸々の台所用品が少し片づきました。

 これからいよいよ食器棚造りに取りかかります。

 カミさんに棚の間隔などをプランニングしてもらいます。

 食器棚を造る前に、縁側の壁造りをやります。f0164410_21184331.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2011-04-20 21:23 | 家造り | Trackback
キッチン三角コーナー棚作りがスタート

f0164410_2295758.jpg

  昨年の暮れに和室壁の珪藻土塗りと畳の敷き込みが終わり、和室が完成し、新年を迎えることができ・・・なんとなくホッとして・・・なかなか残りの内装工事に取りかかれず・・・スランプ状態でした。

 寒波襲来もあり、寒く風も強く、外作業が億劫でやる気になれませんでした。

 ここに来て、徐々に気温も上がり、青野川沿い(南伊豆町)の河津桜も満開になり、啓蟄を迎えたのを機に内装工事をどうにか再開!・・・まさに冬眠状態でした。

 まずは、キッチンの三角コーナーの壁に珪藻土を塗り、棚を二段完成させました。

 久しぶりの木工作業で試行錯誤しながらどうにか作ることができましたが・・・色々と課題も見つかり、それをクリアーしながらボチボチとやることにします。

f0164410_2283664.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2011-03-09 22:15 | 家造り | Trackback

207.塗り壁材は何?

塗り壁材決定!

 ついに、迷っていた「塗り壁材」を決定しました。

 石膏ボードにサンプルを塗ったり、塗られた見本に湿気を与えたりして素人ながらいろいろ試してみました。

 その最終結論は、「我が家倶楽部」が販売している『珪藻土(微塵藁すさ)』の錬済タイプをインターネットで発注しました。

 その決め手になったのは、「未焼成の珪藻土と貝灰がほぼ半々に海藻糊(ツノマタ)を使用した素材」で、全て自然素材であったこと、それから、焼成した珪藻土に発ガン性があることを意識し、未焼成であることを明記していたことです。
f0164410_2355169.jpg

 さらに、下地処理がシンプルで、厚塗りで調湿作用もあり、素人でも塗れそうだったからです。
 
 下地である石膏ボードにたっぷりと水を含ませてから塗り、時間をかけてじっくりと乾かすことがポイントだと提案していたので・・・実際に、水を含ませた下地とそうでない下地にサンプルを塗ってみて比較してみました。

 写真のように、白っぽく見えるのが水を含ませなかった下地に塗った珪藻土で、早く乾き(これを「水引」が強いという)、ひび割れが目立ちました。

 「水の含ませ方」を比較してみて、素人でもやれる塗り方に少し納得できたからです。

 これからが本番!・・・左官工事にチャレンジです。
f0164410_23564945.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2010-11-27 00:02 | 家造り | Trackback

193.内装工事

和室の大工工事完了

 ついに、和室(ゲストルーム:6畳)の大工工事が完了しました。

 残っていた床の間の天井と押入の天井・ふすまの上の内壁に杉板を張り終えました。

 床の間の天井は、竿縁天井?にしてみました。こんなものでいいのか?機会があれば棟梁に観てもらうことにします。

f0164410_938232.jpg


 押入の天井と内壁は、寝室と和室の天井板の端材を継ぎ接ぎしながら使いました。

 家を借りていた大家さんに頂き、自分で伐採した杉材なので少しでも無駄にしたくないのです。

 最後に出た切れっ端の材も薪風呂の薪に利用しています。

 いよいよ、残っている各部屋の「塗り壁」の壁材を決断する時がやってきました。

 先日、畳の発注をしたので、近日中に和室の採寸に見えることになっています。

 畳が届くまでには、和室の壁塗りを完了させたいものです。

f0164410_9391772.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2010-10-09 09:48 | 家造り | Trackback

191.内装工事

和室の天井張り完了

 
f0164410_1501450.jpg


 和室:6畳間の天井板をようやく張り終えました。

 最後の1枚を張るのに苦労しました。

 と言うのは、最後の1枚の板が曲がっていてどうしてもすき間があいてしまうからです。

 そこで、当て木を打ち、板と当て木の間にくさび形の木を打ち込み徐々にすき間をなくしていきます。

 若干のすき間は残りましたが、約1㎜くらいなので良しとしました。

 後は、床の間と押入の天井を張れば大工仕事が完成です。

 さらに、壁塗り材を決定し左官工事が終了し、畳を敷き込めば和室の「ゲストルーム」が完成です。

 畳屋さんに、畳の注文をする段階に、ようやくこぎつけました。

 f0164410_151726.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2010-10-03 15:06 | 家造り | Trackback

188.内装工事

和室の回り縁野縁工事に取りかかる

 和室のラスボード張りが終わり、「回り縁」と「野縁」工事の準備に取りかかりました。

 いよいよ天井板を張る段階です。

 「回り縁」は約60㎜の角材を使ったのですが、柱の切れ込みにはめ込むのですが最後の角がなかなかはめ込めず苦労しました。

 しかし、少々荒業ながら柱の角をノミで欠き、強引にはめ込んでしまいました。

 何かいい方法があるのでしょうから、機会があれば棟梁に確認したいものです。

 
f0164410_911431.jpg


 天井板を張るときの骨組みとなる「野縁・野縁受け」をほぼ組み込んだのですが、和室の天井では少し中心を引き上げるつもりです。

 それは、寝室で天井をフラットに張って中心が垂れ下がっているように見えたからです。

 これは、眼の錯覚から生じるとのこと、そのためのに中心部を少し引き上げるという先人の知恵だそうです。

 f0164410_915278.jpg



 
[PR]
by sanpuuan1108 | 2010-09-16 09:26 | 家造り | Trackback

181.内装工事!

和室の腰板ラスボード」張り完了

 和室:西側角の「腰板+見切り板+ラスボード」部分を張る作業がようやく完了しました。

 あとは、「障子・引き戸・押入のふすま・床の間」の上のラスボード張りが残っていますが、ラスボードの買い置きがないので明日(土曜日が割り引きなので)下田市まで買い出しに行って来ます。

 ラスボード張りが終了すると回り縁を付け、野縁を組みながら天井板を張ればほぼ完了です。

 最後の仕上げは、ラスボードに壁を塗り(まだ何を塗るのか決まっていない!)、畳を注文すれば、和室(ゲストルーム)の完成です。

 もう少し、秋の気配を感じる頃には、どうにか片を付けたいものです。

f0164410_20143042.jpg
f0164410_20175683.jpg
[PR]
by sanpuuan1108 | 2010-08-06 20:19 | 家造り | Trackback