人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

344.干し柿

吊るし
f0164410_1815388.jpg

 四ツ溝柿が産直に出はじめたので、さっそく購入し吊るし柿を仕込みました。

 台風27号・28号が大きな被害なく通過し、一安心です・・・そして、干し柿作りにようやく適した気候に?。

 干し柿作りは、気温・陽射し・湿度・風の条件が重要になるようです。

 庭にある棕櫚の葉っぱを細く裂き紐にして、皮をむいた柿を2ヶを結びます。

 縁側にある横棒に吊り下げていきます。

 天気の良い日に、陽射しにあて、サッシ戸を開け、網戸を通して風にもあてることの出来る縁側は重宝しています。

 あとはじっくりと干し柿になるのを、少しでも乾燥しやすい良い天候が続くことを祈るばかりです。

f0164410_1821616.jpgf0164410_1823424.jpgf0164410_1824983.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-10-29 18:05 | 手作り | Trackback

343.柿酢

酢柿の仕込み
f0164410_17445285.jpg

 知人(Yさん)の庭に実った柿を一杯いただいたカミさんが、ウキウキして帰宅しました。

 柿大好きの小生は、嬉しくてたまりません・・さっそく、こころゆくまで甘柿を頂きました・・・Yさんに感謝!です。

 渋柿は、カミさんが久しぶりに「柿酢」を仕込みました。

 柿は、水洗いせずにヘタを切り、四つ切りにしてタッパーウエアに入れて発酵させます。

 水洗いしないのは、柿の実に付着している天然酵母を洗い流さないためのようです。

 ざく切りにした柿の実をタッパーウエアに入れ、1時間もすると柿が発酵しはじめ、炭酸ガス?が充満し、容器のふたを押し上げ膨らんできます。

 これはまさに、天然酵母が働いて発酵が進んでいるからでしょう。

 そこで、時々ふたを開けてガス抜きをすることになります。

 柿酢が、完成するには数ヶ月かかるようです・・・発酵が順調に進むように祈るばかりです。。

f0164410_17451864.jpgf0164410_17454086.jpg



 
by sanpuuan1108 | 2013-10-23 17:55 | 手作り | Trackback

342.百舌鳥

百舌鳥が枯れ木で・・・
f0164410_20432399.jpg

 百舌鳥が枯れ木で・・・じゃなく・・モズが乗用車のサイドミラーで・・・何かしてました。

 よく観察すると・・・庭に住んでいるモズが・・・サイドミラーに映った自分の姿に対して攻撃しているようです。

 バタバタとホバリングしながら嘴で鏡に映る自分をカッカッと突いているのです。

 デジカメで撮影しようとするのですが、若干のズームなのでなかなか捉えることが出来ません。

 そこで、そーっと近づきアジサイの植栽の蔭から(約2m)シャッターを切ろうとするとすぐに飛び立ってしまうのです。

 数回チャレンジしたのですが、失敗に終わり、残念!写真をクリックして拡大して観て下さい。

 その後、何回もモズは、サイドミラーに飛来してましたが、ある時から、鏡に映る自分を突き攻撃せず、何となく鏡に映る自分を眺めているようで・・・ナルシスチック?・・・といった印象でした。

 そのような行動になる前までは、鏡に映る自分に対して攻撃した後に近くの植木にとまり、ジッジッツと威嚇するような鳴き声を発していたようです。

 推測ですが、サイドミラーへ映った自分に対する攻撃は、自分の縄張りに侵入したモズと勘違いしたのかもしれません・・・その後、敵でなく自分だと気付いたのかな・・・?。  

f0164410_20561311.jpg
f0164410_20443988.jpgf0164410_20563537.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-10-22 20:58 | 自然 | Trackback

341.水稲:その2

脱穀
f0164410_18174946.jpg

 10年に1度という強烈な台風26号が接近してきているため、稲刈りをして3日目になる昨日(台風接近の前日)、無事に稲の脱穀が完了しました。

 稲刈り機をお借りしたOさんのアドバイスもあり、籾の乾燥具合が気になるところでしたが、Oさんの「米の水分計測器」で測ってもらい、水分が16%前後でクリアーしていたので急遽決断しました。

 稲刈りが1日で完了し、ここ数日、好天続きと風もあり、さらに大陸の高気圧で湿度も低く、籾の乾燥が進んだのも幸運でした。

 さっそく、知人のSさんに「ハーベスター(稲の脱穀機)」をお借りして1日で脱穀と後片付けまで完了し、ホッとしたところです。

 籾の収量も今までの最高レベルで、30kg入りの袋に8袋を収穫しました。

 昨年、小生担当の田んぼが不作だったので、喜びの悲鳴をあげました。

 米作りは、非常に達成感のある作業であると痛感しました(順調に稲が育ったので・・・)。

 これもひとえに、一緒に米作りをしている仲間たち、特にOさんとSさんのお蔭と心から感謝!です。

 新米を精米していただくのが楽しみです。

f0164410_18182528.jpgf0164410_18185097.jpgf0164410_18194196.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-10-15 18:24 | 田圃と畑 | Trackback

340.水稲

稲刈り
f0164410_1740663.jpg

 3日前に稲刈りが1日で完了しました。

 昨年までは、手刈りだったのでカミさんと2人で3~4日かかってました。

 しかし、今年は、体力・気力的に考え、無理は禁物と判断し、いつもお世話になっているOさんにお借りした「バインダー」という機械で稲刈りをしました。

 午前中で稲刈りを終了し、午後からウシ(牛?)を組みハザ掛けを完了しました。

 手刈りのときは、のんびりやったのですが、機械刈りではついやり過ぎてしまい、最高に疲れました。

 疲れ過ぎて食欲が抑えられ夕食は、水分しか欲しくなくてあまり食べられませんでした。

 手作業では、自分自身の疲れ具合を感じ、マイペースでやれることを再認識しました。

 しかし、機械刈りのスピード・パワーには驚き、非常に助かったのですが・・・。

 台風26号が接近しているのでハザ掛けした後の乾燥と脱穀が非常に気になるところでした。

f0164410_17402452.jpgf0164410_17405049.jpgf0164410_174198.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-10-15 17:46 | 田圃と畑 | Trackback

339.収穫の秋

秋の美味しみ
f0164410_1117588.jpg

 そろそろ稲刈りが近くなってきました。

 山風庵の庭と畑でも秋の味覚が採れ始めました。

 猪にも食べられずにどうにか、『サツマイモ』を収穫しました。

 このところ我が家の庭への猪の出現がなく、どうしたのかな?・・・とカミさんと気にしているところです。

 今年は、里山に猪の食料が豊富なのかもしれません?・・・あくまでも推測ですが・・・。

 庭に咲いた『ひまわり』の種も採りました。

 食べられる『ひまわりの種』は、特別なものなのかな?・・・とカミさんと話しているところです。

 今年は、「栗(利平)」、「イチジク(ドーフィン)」が、ボチボチといただけています・・・感謝!です。

f0164410_1118175.jpgf0164410_11183116.jpg 
by sanpuuan1108 | 2013-10-10 11:26 | 田圃と畑 | Trackback

338.花々・・・

芙蓉秋桜アンデスの乙女
f0164410_1635515.jpg

 あっという間に10月となり、かなり涼しくなり過ごしやすくなってきました。

 夏から咲いていた芙蓉が盛んに花をつけています。

 春先に咲いていたコスモス(秋桜)が、少し気温が下がってきて本格的に咲き始めました。

 花の少ない夏場から頑張って咲いていたアンデスの乙女が、黄色の彩を添えてくれています。

f0164410_1636789.jpgf0164410_16363374.jpgf0164410_1637392.jpgf0164410_16372485.jpgf0164410_16374417.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-10-09 16:39 | 自然 | Trackback