人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2013年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

331.饅頭

美味しい饅頭
f0164410_20153325.jpg

 先日、カミさんが饅頭を作りました。

 饅頭を蒸す時に敷くものを庭で採れた「サルトリイバラ」と言うつる植物の葉っぱを使いました。

 我が故郷では、「サルカクノハ」と言っていましたが、同じように饅頭などの敷物に使います。

 天神原では、同じ葉っぱを「マンジュウパ」と言うようです。

 あんこは、自家栽培のソラマメを潰したものです。

 冷たい水で淹れた冷煎茶で美味しく饅頭をいただきました。

f0164410_20155224.jpgf0164410_20161010.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-07-17 20:21 | 手作り | Trackback

330.蓮花とメダカ

蓮花メダカ
f0164410_2262498.jpg

 軒からの雨垂れを受ける雨水桝に植えた蓮の白い花が咲きました。

 蓮は、近所の方に頂いて水中の植木鉢の中に植え込みました。

 蓮花は、早朝に咲くことが解りました。

 その雨水を貯める桝には、田んぼから捕ってきたメダカが年を越して産卵し稚魚が育っています。

 メダカは、夏場に蚊のボウフラを食べてもらうために飼いはじめました。

 写真は、1匹だけですが姿を見せてくれました。

 観にくいので写真をクリックして拡大してご覧ください。

 メダカには時々鰹節の粉をあげています。

 最近は、稚魚が数十匹かえり数ミリゆえに、泳ぐ姿が可愛くて魅せられています

f0164410_2264114.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-07-10 22:08 | 自然 | Trackback
棚田ローソク灯火
f0164410_21342426.jpg

 昨年より9日早く、東海地方が、昨日、梅雨明けしました。

 梅雨明け前の4日間は、連続して天神原名物の霧となり、気温も23度前後と涼しくて他県の猛暑が不思議と言ったところでした。

 梅雨明け後は、快晴続きで気温も30度前後と急に暑くなって身体がついていきません。

 
 だいぶ前になりますが、隣町の松崎町石部地区の棚田が、夕方からローソクの灯火でライトアップされました。

 この棚田の展望台からは、天気が良ければ、駿河湾越しに『富士山』~『南アルプスのピーク』を観ることができます。(参照;マイブログ:NO.201;2010.10.28.)

 さらに、対岸の静岡市~御前崎までの街の灯が輝いています。

 実に素晴らしいロケーションなので、田んぼの作業でここを通る時はいつも楽しみです。

f0164410_21345063.jpgf0164410_2135459.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-07-09 21:42 | 田圃と畑 | Trackback

328.柿木

柿木ひこばえ
f0164410_11325931.jpg

 今年の1月に引き込み電線に柿木が接触していたので、東電に伐採してもらいました。

 マイブログ:NO.310(2013.1.30.)の写真を参照してください。

 その切り株から『ひこばえ』が元気良く飛び出してきました。

 樹木の生命力に驚嘆しました。

 右側に張り出している枝はもともとの枝葉を残したものです。

 少しですが小さな実をつけています。

 この柿木は、お隣さんの敷地にある『四つ溝柿』です。

 干し柿にすると最高の味となります。

 『ひこばえ』から実のなる枝となることを夢見ています。

f0164410_1133142.jpg
by sanpuuan1108 | 2013-07-07 11:34 | 自然 | Trackback

327.花々・・・

花つげヒメシャラガマズミ
f0164410_15114819.jpg

 小アジサイが咲いていた頃の花・・・派手ではありませんが楚々としてたたずんでいます。

 近所の方から頂いた『花つげ』は、山風庵の入り口で生垣として淡いブルーの花を見せてくれました。

 九州は宮崎:日南市に住む兄の庭からもらってきた苗木から育った『ヒメシャラ』です。

 白い花が咲くまで約7年が経過しました。

 『ガマズミ』は、敷地の北東側の隣地との境界に篠竹の中に埋もれながら白い花が咲いていました。

 それまで気付かなかったのですが、よく訪問するブログに「死ぬほど牛を叩いても折れないガマズミの枝」とあり、その丈夫さからハンマーの柄として使われるそうです。

 インターネットで調べていて、花の姿と葉の形から『ガマズミ』と判ったしだいです。

 秋には、赤い実をつけるようです。

f0164410_1512963.jpgf0164410_15131212.jpgf0164410_15133173.jpgf0164410_15141181.jpgf0164410_15143587.jpg

 

 
by sanpuuan1108 | 2013-07-04 15:17 | 自然 | Trackback