人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2012年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

293.猪対策

ガードネット
f0164410_2163766.jpg

 小生の畑は、昨年、猪に侵入され「サツマイモ」が全滅でした。

 そこで、今年は丸太の柵にネットでガードをしました。

 強化ポリエチレン製(1.5m×40m:目合5.4cm)のネットをインターネットで購入しました。

 そのガードネットを約1m高の丸太の柵に斜めに垂らし止めます。

 畑の柵に近づいた猪は、そのネットに足が絡らんでしまい嫌がるという作戦です。

 さっそく、サツマイモを2種を植えつけ、カボチャの種を蒔きました。

 今年は収穫できるか?・・・ガードネットの効果が楽しみです!

f0164410_2164716.jpg




 
by sanpuuan1108 | 2012-05-21 21:11 | 田圃と畑 | Trackback

292.水稲

苗箱んぼへ!
f0164410_20353824.jpg

 苗箱へ蒔いた種が発芽し、1cm位になり双葉が緑になってきました。

 昨年は、山風庵の畑で苗を大きくして、田植えの時に苗箱を田んぼに運でいました。

 しかし、今年は、明日から1週間、小生の実家へカミさんと帰省するので、苗箱を田んぼに運びました。

 にわか作りの「畑・田んぼ」は、毎日水遣りをしなければなりません(それは、畑にビニールを敷き水漏れしないようにするのですが、2枚を重ね合わせているため徐々に水が漏れてしまうからです)。

 それが出来ないので、苗箱を田んぼに運び、用水路からの水がきている田んぼに苗床を作り、そこに苗箱を置くのです。

 田んぼに苗箱を置いても、毎日、水の具合を観なければならないのですが、隣の田んぼに苗床を作っている水稲作りの師匠が、当方の苗箱も観ていただけるとのことで、実家に帰省することができるのです・・・感謝!

f0164410_20355457.jpg



 
by sanpuuan1108 | 2012-05-21 20:44 | 田圃と畑 | Trackback

291.金環日食

雲が切れ金環日食
f0164410_1853822.jpg


 平安時代以来:932年ぶりの『金環日食』(全国的規模で)が、奇跡的に観ることができました。

 深夜には雨音も聞こえ、早朝から曇りで、少々諦めていたのですが・・・早起きして(年齢的に) 観察グラスがないため、急遽、空き瓶にローソクで煤を付け、にわかの「観察グラス?もどき」を作りました。

 ちょうど金環日食が観える数分間、天神原では、奇跡的に雲が切れ、雲間に観ることができたのです。

 煤つき空き瓶から「オレンジ色のリング」が観えました!

 デジカメで写真を撮ろうとしたのですが、直接撮るとセンサーに悪いとのことで、煤つき空き瓶をフィルター代わりに撮ろうとしたのですが駄目でした。

 金環日食は、過ぎてしまったのですが、部分日食を撮影したものを記念にアップしました。

 思っていたより周辺が暗くならなかったのですが、ちょっと肌寒くなったような気がしました。

 
by sanpuuan1108 | 2012-05-21 19:46 | 自然 | Trackback
アヤメか?ショウブか?花盛り!
f0164410_13205241.jpg

 いただいたのが『アヤメ?ショウブ?』か、見分けがつかないのですが、今年もきれいに花をつけました。

 カミさんが、株分けして敷地の中で最も低いところにまとめて植えました。

 山風庵の庭では、最も低いため大雨の時は、ほとんどの雨水が集まり、ちょっとした池になるのです。

 青色と黄色の清々しい花を咲かせてくれました。

f0164410_13211030.jpg
by sanpuuan1108 | 2012-05-16 13:25 | 自然 | Trackback

289.麦畑:その3

咲く!
f0164410_15362431.jpg

 不揃いで、心配していた『南部小麦・ライ麦』に花が咲きました。

 麦の穂の一粒ごとに花が飛び出してきます。

 南部小麦は、白っぽく(写真上:クリックして拡大)、ライ麦は、淡い紫色の花(写真下)です。

 どのように受粉するのかはよく分かりません。

 これでどうにか、麦の実が入るのでしょう。

f0164410_15364255.jpg
by sanpuuan1108 | 2012-05-15 15:39 | 田圃と畑 | Trackback

288.新緑

新緑~みるみる濃く
f0164410_11282533.jpg

 気温は、少々低めですが、清々しい好天続きで天神原は最高の季節となりました。

 裏山の新緑が、あっという間に緑が徐々に深くなり、常緑広葉樹の椎の木の新芽が黄金色となり、山々がライトアップしたような趣となってきました。

 上の写真は、4月中旬に撮影したもので、陽当りをよくするために残した落葉広葉樹の新芽・若葉が見えてきたばかりです。手前の菜花の中にある新芽は、柿木です。

 下の写真は、ほぼ同じ所から最近撮影したものです。中央の落葉広葉樹の葉は、緑が濃くなり、手前の柿の新芽が若葉となり、右上のモコモコとして照り映えている部分が椎の木の新芽です。

f0164410_11291839.jpg



 
by sanpuuan1108 | 2012-05-14 11:36 | 自然 | Trackback

287.麦畑:その2

ライ麦がこんなに大きく!
f0164410_12201518.jpg

 ライ麦が、みるみる生長し背丈が約2メートル位になりびっくりです。(ブログ;「NO.282.」:麦畑に比べ)

 南部小麦は、相変わらず背丈が低く、ライ麦と対照的です。(下の写真:手前がライ麦、奥が南部小麦)

 ライ麦は、風が強い日に倒れたのですが、驚いたことに翌日には、ほぼ元に戻りすくっと立ち上がっていました。

 背の低い南部小麦は、強風の影響がほとんどありませんでした。

 2種類の麦ともに、穂が出てきたので収穫できるかも・・・楽しみです。

f0164410_12203523.jpg
by sanpuuan1108 | 2012-05-13 12:26 | 田圃と畑 | Trackback

286.水稲:苗作り

水稲苗作りの準備:種まき
f0164410_2057343.jpg

 ゴールデンウィークが終わると、水稲の種まきが始まります。

 カミさんが、種籾を湯煎消毒して、木酢液に浸して、毎日水を変えてやります。

 すると数日置くことで発芽してきます。

 発芽した種籾を2粒ずつ「ポット苗箱」に、種を蒔くのです・・・実に根気のいる作業です。

 豊作になりますようにと祈りながら種籾を箸でつまみ、苗箱に入れていきます。

 17x34=578本の苗が、1枚の苗箱から育つことになります。

 今年は、苗箱を8枚、準備しました。

 単純計算で、約4600本の苗を、5畝(150坪)の田んぼに植えることになります。

 カミさんの畑に、苗床(水が漏れないようにビニールを敷き、ミニ田んぼ?)を作ります。

 種蒔きした苗箱を数日ビニールでカバーして置くと、少し発芽します・・・その苗箱を苗床に移し、水やりして育てます。

 初期は、鳥やネズミに種籾を食われないように防鳥ネットを張ります。

 写真の奥にに写っているきれいな花「ツツジ」は、お隣さんの借景です。

f0164410_20575087.jpg
 
by sanpuuan1108 | 2012-05-12 21:07 | 田圃と畑 | Trackback

285.スーパームーン

射し込む月光
f0164410_13581683.jpg

 数日前のことですが、深夜に眼が覚めトイレに行く時、リビングに玄関土間の明り取りから月光が射し込み、間仕切りの障子が明るいのにびっくりしました。

 実に大きな満月が、南西の空に煌々と輝いていたのでした。

 本が読めそうな明るさでした。

 月明かりなど夜の撮影が分からないまま写真を撮ってみました。

 夜という感じがぜんぜん感じられないのが残念です・・・あしからず。

 朝刊を観たら昨夜の満月は、地球に最も近い軌道にある『スーパームーン』であることが分かりました。

 いつも観ている満月よりも何となく大きい気がしたような・・・。

f0164410_13584550.jpg
by sanpuuan1108 | 2012-05-10 14:00 | 自然 | Trackback

284.狸!

白昼堂々・・・
f0164410_2081247.jpg


 先日、薫風かおる快晴のお昼過ぎ、山風庵に、初めて『狸さん』が登場しました。

 それも、カミさんの畑にある蓋の開いた「生ごみコンポストの箱」に入っていたのです。

 その時は、猪をガードするワイヤーメッシュの柵の扉が開いていたので、そこから侵入したのでしょう。

 小生と目が合うと『狸さん』は、落ち着いて、コンポストの箱に身を隠すようにしゃがみ込みました。

 カメラを取りに行ってる隙にコンポストの箱から出て逃げ出しました。入り口から反対方向へ行きワイヤーメッスの柵によじ登り逃げて行ってしまいました。

 激写したのですが、小さくて見にくいので、写真をクリックして大きくしてご覧あれ。

 天神原は、狸である自分の方が、「先住民であるぞ!」という顔で堂々としていたのに・・・変に納得してしまいました。

f0164410_2081478.jpg
by sanpuuan1108 | 2012-05-09 20:12 | 自然 | Trackback