人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

248.蓮華草!

田んぼに蓮華草
f0164410_2211710.jpg

 借りてる田んぼは、5畝弱で2つに区分されています。

  今年は、最初に借りた田んぼをカミさんが主にやることとし、去年借りた田んぼを小生が、主にやることとしました。

  そこで、小生は、「不耕起栽培」にチャレンジすることにし、今年は代かきをしません。

  そのねらいは、出来る限り省エネをめざし、機械を使わず、手作業に徹してみたいと考えるからです。

  不耕起栽培では、田んぼに野・畑の草(緑肥)を入れるとのことで、去年、小麦と菜種を播いたのですがうまく育ちませんでした。

  しかし、今年は、どう言う訳か?特別に種を播いたわけではないのに、蓮華草が良く育ちました。

  それは、多分他の田んぼに播いた蓮華草の種が飛んできて発芽したのでしょう!

  その紫色の蓮華草の中に、白色の花がありました。

  数日前に、蓮華草を刈り取り、緑肥にする準備をしました。

  蓮華草は、華も盛りを過ぎ、2/3位が黒い種になっていたので来年も発芽してくれることを願いながら草刈りをしました。

f0164410_2223565.jpg

 
by sanpuuan1108 | 2011-05-25 22:16 | 田圃と畑 | Trackback

247.華!

シラータイム

 1~2週前になりますが・・・昨年、頂いたシラーとタイムが咲きました。

 シラー・ベルビアナといい、ヒヤシンスの仲間で、ベルビアナとはペルー原産という意味だそうです。
 
f0164410_21501040.jpg

 

  タイムは、シソの仲間で、ワイルドタイムという種類で、ピンクの可憐な花を咲かせます。
 f0164410_21523559.jpg
by sanpuuan1108 | 2011-05-24 21:56 | 自然 | Trackback

246.アヤメ咲く!

アヤメ満開
f0164410_21373465.jpg

 我が家の庭は、只今、アヤメが満開!

 知人から3年前に頂き、カミさんが昨年株分けしたものがきれいに咲きました。

 アヤメと書いたものの、カキツバタ・花菖蒲と明確に区別が付かないので少々心許ないのですが・・・。

 上の写真は、快晴の朝陽に映えるアヤメです。

 下の写真は、雨の日のアヤメです。

 カミさんは、台所仕事をしながらいつも眺めているようです。

f0164410_2138278.jpg

 
by sanpuuan1108 | 2011-05-18 21:41 | 自然 | Trackback
種まき
f0164410_11114899.jpg

 今年も米作りがスタート!・・・ まず、種籾の準備です。

 種籾をお湯につけて消毒し、次に希釈した木酢液に浸し2日間、その後は毎日水を替えながら籾を浸します。 数日後に、籾の胚芽の部分が膨らんできて発芽してきます。

 そこで、苗箱(17枡X34枡)に培養土を入れて、2粒ずつ播いていきます。

 少し多めですが、苗箱を10箱準備しました。

 たっぷり水をまいて、ゴザとビニールで包み、4~5日で発芽してきます。

 発芽したら、苗箱を苗床へ移します。

 昨年までは、田んぼに苗床を作ったのですが、今年は、我が家の庭に作りました。

 それは、水の具合を田んぼまで見に行かずにすませるためです。

 最初は、水道に近いところに少し土を掘りビニールを敷き苗床を作ったのですが、翌朝、ハッと気付き変更することにしました。

 と言うのは、柵付き畑の外に苗床を作ったので猪やアナグマに入られたら元も子もありません。

 そこで、杉丸太で柵を作った畑に急きょ苗床を移し作り直しました。

 最後に、鳥さんに発芽した種籾を食べられないように網をかけて、苗床作りは終了です。

f0164410_11252316.jpg
by sanpuuan1108 | 2011-05-17 11:31 | 田圃と畑 | Trackback
「新緑歩こう」
f0164410_2245488.jpg

 今週の日曜日(5/8)に、カミさんと一緒に、東京大学:樹芸研究所主催の公開講座「新緑の森を歩こう」に参加してきました。

 南伊豆町にある樹芸研究所は、東京大学大学院農学生命科学研究科附属科学の森教育研究センターが運営している施設で、1943年に南伊豆町青野の民有地約420ヘクタールを購入し設立されたそうです。

 今回の公開講座は、その青野研究林の新緑の中を歩きながら、「樹芸」の一端を味わう企画でした。

 そもそも「樹芸」とは、『樹に親しみ、樹を暮らしに役立て、樹を育むといったことを包合するもの』とのことでした。

 新緑の木漏れ日を浴びながらのんびりと歩き、時に急な登りもあり、キツイと思う頃に樹木の解説ありで、久しぶりの山歩きとなりました。

 この研究林の目玉は、「クスノキ(常緑広葉樹)人工林」(上の写真)でした、約50ヘクタールあり、約100年生で世界的にも類を観ないものだそうです。

 当地に多い常緑広葉樹であるシイノキのきらめく新緑と違い、クスノキの新緑は、春紅葉?で淡いえんじ色と柔らかい新緑は素晴らしいものでした。

 シイノキの林床は、繁りすぎて少々暗いのですが、クスノキの林床は、適度な木漏れ日があり、明るく実に快適でした(下の写真)

 林の変遷、植樹の方法(杉・檜の単独、混植)、樹木の有用性、緑のダム(樹木の保水性)などを実証的に研究しているようです。

 さらに、南伊豆町加納に事務所・観察林があり、そこには、温泉を利用した温室で熱帯林再生に関する研究を行っているようなので、機会を作り見学したいものです。

f0164410_2245479.jpg
 

 
by sanpuuan1108 | 2011-05-11 22:56 | 自然 | Trackback
伊浜:マーガレット摘みに
f0164410_21332417.jpg


 一昨日、南伊豆町の漁港:マーガレットの里:伊浜のマーガレット摘みに行ってきました。

 一人10本まで無料で花摘みができます!この大型連休から5月末までマーガレットフェアーが開催されています・・・2人でマーガレット20本をいただき感謝です!

 素晴らしい海岸、そのすぐそばの花畑で、海を眺め、潮の香りを満喫しながら花摘みを楽しんできました。

 ちなみに、絶景の海岸線を走る伊浜地区の国道136号線が「マーガレットライン」なのです。

  我が家の3つの部屋には、マーガレットが花盛りです!鮮度がよいので長持ちしそうです。

f0164410_21335331.jpg
by sanpuuan1108 | 2011-05-07 21:38 | 自然 | Trackback
菅首相:浜岡原発停止を要請!
f0164410_22293949.jpg

 ラジオから流れていた、午後7時前のNHK:静岡地区ニュースで「浜岡原発」について菅首相の会見があると聴き、さっそく登場したテレビで視聴しました!

 さすがに、久しぶりのテレビで「浜岡原発停止を要請!」の首相会見の映像と音声に興奮してしまいました!

 「浜岡原発即時停止!」の署名活動で頑張っていたカミさんは感動のあまり、署名に協力して下さった方々に電話し喜びを共有し、興奮気味でした。

 本当に、2011・3/11:東日本大震災・福島原発事故~2011・5/6:浜岡原発停止要請!・・・この2日をターニングポイントとすべく肝に銘じました。
 
 子ども達と若者達が、これからの未来に少しでも希望と夢を持てますように・・・地球上から「原爆と原発」を無くす地道な活動をしたいものです。

f0164410_223066.jpg
by sanpuuan1108 | 2011-05-06 22:34 | 暮らし | Trackback

241.久しぶりのTV!

地デジ・BS:TVがスタート!
f0164410_21581731.jpg

 約5年くらい見ていなかったテレビが、我が家に登場しました!

 その間は、「ラジオ:三昧」でした・・・耳から聴く素晴らしさを十分に実感したところでしたが・・・。
 
 地デジ化に伴い、天神原地区は難視聴エリアで共同受信アンテナ設置組合ができ、それに参加するかどうか?かなり迷ったのですが、最終的に参加することとしました。

 つい先日、地デジの共同受信アンテナからのケーブルが開通したばかりです。

 それに合わせて、BSアンテナを購入し、縁側に設置しどうにか電波を受信することに成功しました。

 縁側の南西方向が開けているので非常にラッキーでした。

 小生は、テレビっ子だったのでテレビに釘付けとなるため、十分に気を付け選択的にテレビを観たいと考えています!

f0164410_2158493.jpg


 
by sanpuuan1108 | 2011-05-06 22:01 | 暮らし | Trackback

240.端午の節句

久しぶりに端午節句飾り
f0164410_93407.jpg

 薫風流れる新緑の素晴らしい季節となりました!

 和室の「床の間」が完成したので、久しぶりに「端午の節句」飾りを出し、置いてみました。

 息子が、兜・太刀・弓矢の飾り物で遊んだことを想い出しました。

 これからは、毎年飾って子ども達の幼少期のことを振り返るのも一つかな?

 端午の節句飾りの脇に置いた花(下の写真)は、我が庭に咲いた黄色いエビネランと青色の花大根です。

 去年は、エビネランの花芽が出た途端に、遅い雪と霜でやられてしまい見ることができなかったので、実に新鮮です。

f0164410_94279.jpg
by sanpuuan1108 | 2011-05-05 09:09 | 暮らし | Trackback