人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

167.稲が発芽!

苗箱水田に降ろす!

 稲の種まきをして5日目に、種まき用プレート(苗箱)の土からほんのわずかですが発芽してきました。

 晴天の中、苗箱を田んぼへ運び、苗床を造り、水を引き込み、苗箱を11枚並べました。

 つぎに、種籾をスズメに食べられないように防鳥ネットと防鳥糸を張りました。

 苗床の高さと水の引き込み量を考慮して、苗箱を置くのですが、その調整に少々苦労しました。

 まだ十分に発芽していないので、水中に沈没してしまうと種籾が浮いてしまい流れてしまうからです。

 水に苗箱が半分くらい浸かるくらいが良いようです。

 しかし、側溝を流れる水量が変化するため、これが一筋縄に行かないので、しばらくは苗箱の水の浸かり具合をチェックしなければなりません。

 米作りには、実にいろいろと手がかかるものだと実感しつつあります。
f0164410_20565855.jpg
f0164410_20584586.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-05-17 21:01 | 田圃と畑 | Trackback
リビングの内装工事がほぼ完了

 リビングの内装工事は、一部の珪藻土塗りを残して内壁造りが、どうにか完成しました。

 昨日でリビングの南西側と北西側の杉板壁(上部の)を張り終えました。

 南西側は、玄関土間とリビングの間の間仕切り引き戸(4枚)の上部にあたる部分です。

 少々苦労したのですが、一工夫してみました。

 それは、独身時代に「友人」(この家の設計者でもあります)からもらい、テーブルとして一時使っていた「ガラス板」(1.2mx0.5mx7㎜)を明かり取りとしてはめ込んでみました。

 リビングから玄関土間の梁の杉丸太が見えて、少々ですが閉塞感がやわらぐようです。

 つぎは、寝室の上部壁と天井造りに取りかかります。
f0164410_75128.jpg
f0164410_784622.jpg

 

 
by sanpuuan1108 | 2010-05-16 07:10 | 家造り | Trackback

165.新緑!

只今、新緑最高!!

 この晴天続きで、新緑が陽の光に輝き素晴らしい姿を見せています。

 今年は、特に裏山の一角の新緑が実に瑞々しくていい感じです。

 それは、その一角にあった常緑広葉樹(シイ・カシなど)を陽当たりを良くするために伐採し、落葉広葉樹を残したからです。

 植物にとって「太陽の光」がいかに重要であるかを物語っています。

 常緑広葉樹が大きくなりすぎて、陽が射さず貧弱だった落葉広葉樹が盛り返してきたようです。

 さらに、大木の下に隠れていた「山ツツジ」がいっぱい花を付けました。

 雑木の間伐は、針葉樹に比べ苦労と危険を伴い躊躇してしまうのですが、今年の新緑を観ると残る部分の間伐をやるぞという気持ちにさせてくれます。

 荒れている「里山の復活」に少しでも役立ちたいものです。
f0164410_6361452.jpg
f0164410_6365815.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-05-15 07:03 | 自然 | Trackback

164.水稲:種まき

水稲種まきをしました!

 清々しい五月晴れの昨日、稲の種まきをしました。

 今年は、昨年借りた田んぼのとなりも借りて作付け面積が約5畝弱(約150坪弱)と倍増で、どうにか自給できそうです。

 いつもお世話になっている方にカミさんが教えてもらいながら、3日前から種籾(品種:あいちの香り)を湯煎消毒(約58℃で10分)したのち、木酢水(150倍の)に2日浸け、その後2日間水に浸けたところで発芽しかけたので種まきをしました。

 種まき用の土とパレット(10枚)を用意し、パレット(1株毎の枡目:578個)に土を入れ、「土締め具」(教えてもらっている方が発案したもの)を使って土を締めます(約2~3㎜)。

 そこに、発芽しかけた種籾を1枡に2粒ずついれていきます、これが実に根気のいる作業でした。その種籾の上にに土をかぶせ、十分に水をまきます。

 どうしてここまでやるのかと考えてしまいますが、我が家は、苗を「手植え」で行うことと、風通しを良くするために2本植えとし、病害虫の発生をできるだけ抑えたいからです。

 それは、「無農薬・無化学肥料」による栽培をめざしているからです。

 種まきしたパレットを5枚ずつ重ねて、ブルーシートで包み、2~3日様子を観て、土から芽が出てきたら水田にパレットごと移して苗の成長を待ちます。
f0164410_619446.jpg
f0164410_6202842.jpg
 

 
by sanpuuan1108 | 2010-05-14 06:27 | 田圃と畑 | Trackback
リビングの杉板壁造りスタート!

 ご無沙汰です!久しぶりのブログ更新:田舎に帰省したりと何となく余裕がなかったようです。

 気温も低く、雨も多く、「鉋かけ」などの外作業ができずに足踏みしていた家造りがようやく動き始めました。

 ゴールデンウイークからスッキリとした晴れ間が続いたからです。山々はすっかり素晴らしい新緑です!

 リビングの内装工事(珪藻土塗りを除き)もいよいよ最終段階になってきました。

 北東側と南東側の上壁が完成しました。
f0164410_6374561.jpg
f0164410_6383022.jpg

 リビングは吹き抜けなので天井は張らず、木組の構造体を見えるようにしました。

 小屋組(屋根の部分)の下まで、ヌキ板(巾:約9㎝)を張りました。

 壁のない開放感はなくなりましたが、部屋としてのまとまりと落ち着きはでてきました。
by sanpuuan1108 | 2010-05-13 06:42 | 家造り | Trackback