人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

イチジク」~「温州みかん

 実りの秋というほどのもではないのですが、山風庵に植えてある「イチジク」:2本のうちの1本が実を付けました。

 収穫時期が良くわからないので、鳥に食われないように黄色のネットをかけました。

 2年前に2個実を付けた「温州みかん」は、昨年、移植したためか?実を付けませんでしたが、今年は1個だけ実を付けてくれました。

 「イチジク」・「温州みかん」ともに実が熟し食べ頃になるのは、まだ先のようですが・・・・・・・・食べるまでのこのワクワク感が何ともいいものです。
f0164410_11124123.jpg
f0164410_11131467.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-26 11:14 | 田圃と畑 | Trackback

146.秋咲く花!

ホトトギス」~「風船綿棒?

 彼岸花もすでになく、コスモスも台風の風で倒れましたが、山風庵の庭にポチポチと花が咲いています。

 先日まで自己流盆栽の「ホトトギス」の花が咲いていました。

 野鳥のホトトギスの鳴き声を耳にするのですが、今だその姿を見たことがありません。

 ホトトギスの花は、花弁の模様が鳥の羽の模様と似ているから命名されたとのこと・・・花を観ながら見たことのないホトトギスを想像しています。

 初めて観る「風船綿棒?」は、夏頃から咲き始めましたが、今になって「フグ提灯」みたいな実を付けはじめました。花は小さい可憐なものです。

 風船みたいな袋の中には、綿みたいな中に種が入っているとか、それで風船綿棒というのかもしれません。

 風船のような袋の中を見るのが楽しみです。
f0164410_2123356.jpg
f0164410_213558.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-26 10:45 | 自然 | Trackback
リビングの腰板・見切り板張りが完了!

 リビングの内壁(腰板・見切り板)張りに約1か月かかりました。

 その間に、稲の収穫・台風対策・田舎への帰省と色々やることがありました。

 本日、ようやくリビングの腰板・見切り板張りが完了しました。

 洗面所・寝室へのドアの額縁造りと北東側・東南側の角・南側の腰板・見切り板を張ったのですが、東南側の角になる出隅・入隅の造作に少々苦労した他は、フラットな壁なので思ったよりスムーズにやれました。

 ここにきて、天神原は、朝夕、めっきり肌寒く感じる頃となり・・・リビングの腰板・見切り板を張っただけで何となく暖かい気がしてきました。

 そこで、本格的寒さが来る前に寝室の腰板・見切り板を張ることとしました。
f0164410_21465858.jpg
f0164410_21475648.jpg

 
by sanpuuan1108 | 2009-10-24 21:49 | 家造り | Trackback
サツマイモ」・「ゴマ」の収穫!

 いよいよ実りの秋の収穫が忙しくなってきました。

 サツマイモは、「ムラサキイモ」が大豊作!「ベニアズマ」がまあまあでした。

 写真の白っぽいのが「コガネセンガン」ですが、前年に比べかなり良い出来にカミさんは大喜び!
写真の右端トレイの前にある凸凹したイモが「キクイモ」です。(ブログ:NO135で花が登場)

 このコガネセンガンは、小生の大好きな「芋焼酎」の原料になるものです。さらに蒸かしてもホクホクして美味です。さっそく、掘りたてを庭で焼き芋にして食べたのですが絶品でした。

 ゴマも今年は大豊作の予感です。例年に比べ粒が大きい気がします。

 写真は、ゴマの葉っぱを取り、ゴマの入った緑のサヤ(茎)を寒冷紗の袋に入れ乾燥させ、ゴマ粒だけ収穫し、それを洗い乾燥させて、「洗いゴマ」の完成です。

 ゴマを食べられるまでにするには、かなりの手間ひまがかかるものです。だから貴重で美味しいのでしょう!

 自分で育て、収穫し、食べられるまでにするための手仕事をしてようやく食卓に上ります。

 この過程が「実りの秋」をますます美味しくしているのかもしれません!この贅沢に感謝!です。
f0164410_1146510.jpg
f0164410_1147151.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-24 11:16 | 田圃と畑 | Trackback
秋空の下での脱穀!

 台風18号の上陸で、あわただしい中でしたが、約2年ぶり田舎に帰省し、「還暦記念同窓会(中学卒業)」へ参加してきました。

 1週間ぶりに山風庵へ帰宅した翌日は、ハザ掛けした稲の脱穀をしました。

 米作りをサポートしてもらっている知人に、お世話してもらい「ハーベスター(脱穀機)」を借用し、半日で稲の脱穀が完了しました。その後、ハザ掛けのウシを片付けました。

 雨にも降られず、タイミング良く籾として収穫できたのも、脱穀作業まで手伝っていただいた知人のお陰と心から感謝!です。

 体重計で収穫量を測ってみると「約87㎏」もありました。作付け面積は、「約2畝(60坪?)」です。

 無農薬・無化学肥料で育てた自家栽培米の「新米」を食べるのが楽しみです!

f0164410_21344021.jpg
f0164410_2135178.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-17 13:51 | 田圃と畑 | Trackback

142.台風対策!

台風18号が上陸

 昨年は、家造り真っ最中で、台風接近に戦々恐々としていたのですが、上陸した台風はなく胸をなで下ろしたものです。

 今年は、上陸するとすれば猛烈な台風となるのだろうと・・・稲のハザ掛けのウシも補強をしました。

 一方、山風庵の内装工事が途中である我が家の「玄関」と風呂焚き口の「ガラス引き戸」を補強しました。

 ここだけは、アルミサッシでなく木製のため弱点と考えたからです。

 そこで、引き戸の2ヶ所に貫抜きで角材をあてがうこととしました。

 玄関は、そのあてがった角材と内側の桟で引き戸を挟み、ワイヤーで縛りつけました。

 風呂の焚き口のガラス引き戸はその2本の貫抜きの間にコンパネを差し入れ、ガラスの保護をしました。

 台風は、直撃でなかったためたいした被害もなく、ホッとしているところです。
f0164410_2214162.jpg
f0164410_22145940.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-08 22:16 | 暮らし | Trackback

141.稲刈り!

秋雨の晴れ間に稲刈り完了

 晴天続きの後の秋雨?~その晴れ間に稲刈りをしました。

 今週の日曜日は、久しぶりの快晴!稲刈り日和だったのですが、午前中は、天神原地区の草刈りがあったため、午後から稲刈りをし、翌日、雨の予報の中、早朝から残りの稲を刈りました。

 どうにか雨に降られず稲刈りをして、天日干しのためのハザ掛けをするウシを作り、どうにか稲刈りが完了しました。

 ホッとしたのも束の間、大型で猛烈な台風18号の上陸ということで、ハザ掛けのウシが吹き飛ばされないように、ウシの三脚に杭を打ち縛り補強をしました。

 今日、台風が通過し風が少しおさまってきたら、心配ですぐ田圃へ向かいました。

 ハザ掛けのウシと稲は、無事でホッと!!~~案山子が踏ん張ってくれたのか前のめりに・・・。

 松崎町の田圃に行く道中で出合った、台風の後の雲見から観た富士山は最高でした。
f0164410_21403078.jpg
f0164410_21412428.jpg

by sanpuuan1108 | 2009-10-08 21:43 | 田圃と畑 | Trackback
山風庵」と「が実る

 我が山風庵の庭には、実のなる木がかなり植えてあります。

 そのなかで今、実りつつあるのが「栗」と「柿」です。

 「桃・栗、3年、柿、8年?」だったと思うのですが・・・・・・・・・。

 栗は苗木を購入し3年前に植えたもので、今年、小さくて可愛いイガ栗を4ヶ付けました。

 柿は、お隣さんの柿の木から熟した実が落ちて、我が家の敷地に実生から育ったようで8年以上は過ぎているのでしょう数十個の実を付けています。

 まだ、栗と柿は、食べていないのですが、我が家で穫れるものには、何ともいえない感慨があります。

 実のなる木は、収穫の楽しみがあり実にいいものです!

f0164410_21224165.jpg
f0164410_2132233.jpg


 
by sanpuuan1108 | 2009-10-03 21:38 | 自然 | Trackback

139.実りの秋!

ゴボウ初堀り!

 先日、カミさんが、頂いた栗を使い「栗おこわ」にチャレンジ!

 その具材として、「ゴボウ」があるといいとのことで、初めてゴボウ掘りをしました。

 天神原に来て初めてゴボウの種を播き、発芽したのはいいのですが、ヨトウムシに食われてしまうのです。

 そこで、ポット(ビニール製の植木鉢)の底を切り取り、ヨトウムシがゴボウの苗に近づけないようにする砦作戦を取りました。

 何本かは、食われてしまいましたが、約10本は、茎がある程度太くなり生き延びることができ、砦作戦はまあまあの成果をあげてくれました。

 初めてのゴボウ掘りは、2ヶ所切ってしまいましたがどうにか収穫できました。ゴボウが思ったより値が張る(根が張る?)のはこの収穫の大変さがあるのかもしれません。

 それから、大豆も植えているのですが、カメムシに集中攻撃を受け、無農薬ではなかなか収穫するのが難しい作物の一つです。
 
 カミさんが、せっせとカメムシ取りをした甲斐があり、いま丁度、「枝豆」として食べ頃です。

 ビール?のつまみとして食卓にあがり、ゴボウの香りがする「栗おこわ」を美味しく頂いたのはいうまでもありません。・・・・・・すべてに感謝!
f0164410_17134082.jpg
f0164410_171483.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-02 17:23 | 田圃と畑 | Trackback

138.恵みの雨!

や~っと雨!・・・感謝

 ついにまとまった雨が降りました!・・・昨日・一昨日と2日間で約44㎜の雨でした。

 うれしい!・・・と、野菜はじめ果樹・草や木々が・・・さぞかし喜んでいることでしょう!

 それ以上に喜んでいるのは、水やりをしていたカミさんであることは言うまでもありません!

 畑では、さぞかし水が欲しかったのか?「里芋の葉」が上向きになって葉の中に雨水を貯めていました。

 サツマイモも、久しぶりの雨で十分な水分なのか?「サツマイモの花」が咲きました!

 初めてサツマイモの花を観た気がします。

 朝顔の花に似ていますが、楚々とした美しさがあります。

 雨を喜んだのも束の間、次は稲刈りのために晴天続きを望んでしまうという人間の身勝手さを痛感します。
f0164410_104708.jpg
f0164410_10473966.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-10-01 10:48 | 自然 | Trackback