人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

112.小麦の脱穀!

梅雨の晴れ間に小麦の脱穀!

 貴重な梅雨の晴れ間をぬって、一昨日は、外壁の柿渋を下部5枚分(より雨が降り込む)の杉板に塗ることができました。

 昨日は、気懸かりであった刈り取った小麦(ブログ:NO.107)の脱穀作業を完了しました。

 近くの知人から、昔ながらの「足踏み脱穀機」をお借りして、小麦の実を収穫しました。

 この足踏み脱穀機がすぐれものであることを実感させられました。

 原動力は、足で踏み込む人力です。それは、小生が疲れてきたらゆっくり踏み込むことが可能です。

 機械力(エンジンなど)は、出力が一定です。しかし、微調整ができないところに弱点を有しているようです。

 小麦の収穫量は、約10㎏でした。これから、製粉所を探して自家栽培の小麦で「パン・うどん」作りンにチャレンジしたいものです。

 これが可能になるのも、大自然と小麦の種子・脱穀機を提供していただいた知人に感謝!です。

 
f0164410_13565931.jpg
f0164410_13573579.jpg 
by sanpuuan1108 | 2009-06-28 14:02 | 田圃と畑 | Trackback

111.ほうじ茶作り

新茶ほうじ茶を手作り!

 八十八夜を過ぎて、新茶を作り(ブログ:NO.102)、天日で乾燥させたものがそのままになっていました。
そこで、先日の雨続きの日に、新茶の「ほうじ茶」作りにチャレンジしました。

 無水鍋の厚手の蓋を利用し焙烙(ほうろく)の代わりとしました。、障子紙を蓋の大きさに丸く切り、新茶の下に敷き、中火でじっくりと焙じました。
f0164410_21502669.jpg

 ある時から、実に香ばしい香りとと共に微かに煙が立ち上ります。新茶のモスグリーンが焦げ茶色に変わればほぼ出来上がりです。

 新茶を何回かに分けて、少量(厚手の蓋に軽く散らばる量)を、箸でひっくり返しながら根気よく焙じました。

 出来上がりは、約100グラム入りの茶筒に1本でした。

 さっそく、新茶のほうじ茶を熱湯で入れて1分ほど軽く煮立て試飲してみました。

 さわやかな香り立つほうじ茶の味わいでした。

 初チャレンジでしたが、まずは合格点としましょう。 
by sanpuuan1108 | 2009-06-26 21:07 | 手作り | Trackback

110.田植え完了!

借りた田んぼ田植えをしました!

 去年までは、共同で稲作りをしていました(教えてもらっていました)。

 しかし、今年は小生が内装工事に集中するために、稲作りはカミさんが主体となり借りた田んぼ(となりの松崎町)でやることとなりました。

 種まき、代かきなどは、近くの知人に援助してもらい非常に助かっています。感謝です!

 周囲の田んぼはほとんど田植えが終了している中、今日、2人で田植えをしてきました。

 借りた田んぼは、去年まで自然農で不耕起栽培?だったとのことで、草がすごくてかなり苦労しました。

 自分たちだけの稲作りもまた格別なもののようです。

 
f0164410_17595953.jpg
f0164410_1803775.jpg真夏の草取りが待っていると思うとゾッとします。

 しかし、秋が訪れ、黄金色の稲穂の収穫を思い浮かべながらボチボチやろうと思います。
by sanpuuan1108 | 2009-06-20 18:10 | 田圃と畑 | Trackback

109.梅採り

心ゆくまでをもぐ!

 先日、2泊3日で久しぶりに遠出をしました。

 それは、梅採りと畳ベッドを運ぶために、カミさんの実家(足利市)まで、大家さんに軽トラックをお借りして高速道路をヒヤヒヤしながら出かけてきました。

 途中、息子や初孫に会い、そして、大家さんの面会をしてきました。

 鮮度を少しでも保つために、梅採りは最終日の早朝に行き、その日に帰宅したのです。

 梅採りも3回目になりますが、いつも頂いている梅林は、カミさんのお姉さん(足利市)の知人のお家のもので、300本の梅の木があるそうです。今年は大豊作で枝の実を直接もぎ取りました。

 梅もぎを始めるとなかなか止まりません!人間の性でしょうか?基本的に欲深いものなのですね。

 久しぶりの遠出では、お姉さんとその息子さん達にお世話になり、素敵な時間を過ごすことができました。

 軽トラックを貸して頂いた大家さんとお姉さん、そして梅林の持ち主の方に心から感謝です!

 帰宅した翌日は、梅酒・梅シロップ・梅ジャム・梅干し漬けの「梅仕事」でカミさんは大わらわであったことは言うまでもありません。
f0164410_22181451.jpg
f0164410_22191373.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-06-19 22:29 | 暮らし | Trackback
f0164410_11522247.jpg
梅雨入り!天神原名物季節到来!!

 一昨日、東海地方がついに梅雨入りしたそうです。

 さっそく、昨日は、天神原名物の「霧」が終日流れて、周囲の山々を隠してしまいました。

 これから梅雨明けまで1~2ヶ月を霧と共存することとなります。

 梅雨入り前に「小麦」を刈り取りできて一安心です。

 「除湿機」も用意してありますが、今年は、概ね「無垢の木」にこだわった我が家の「木の調湿作用」がどの程度機能するのか?非常に楽しみです。

 室内の最高湿度がどの程度まで上がり持続するのか?さらに、湿気による「カビ」の発生がどうなるのか?

 これまた気になるところです。

 この霧の季節に対する「生活の知恵」を総動員して、暮らしを組み立てることになりそうです。

 この経過報告は後日に・・・・・・・・・写真は、夕方6時過ぎに撮影したものです。f0164410_11484861.jpg


  
by sanpuuan1108 | 2009-06-11 11:54 | 自然 | Trackback

107.小麦の刈り取り

小麦が完了!

 梅雨入りの前にやることが一杯ある中の一つ、「小麦」刈りが、本日完了しました。

 知人に頂いた「南部小麦」の種を、前庭の盛り土(基礎工事で出た土砂)へ、昨年の11月4日に播いたものです。

 麦踏みと、肥料を一回やっただけですが、すくすくと育ち、春先暖かくなってからの成長に目を見張ると共にさわやかな緑の穂には命の息吹を感じさせられました。

 2週間前頃から、徐々に穂が色づきはじめ、ここにきて黄金色となってきました。

 雨もあり、刈り時が、梅雨入りになるのではと気を揉んでいたのですが、昨日から2~3日晴れ続きの予報に刈り取りを決行しました。

 湿度は高かったんですが風があり、麦刈りにはまあまあの天気でホッとしました。

 カミさんと刈り取りをしました。直径約10㎝の束で40束になりました。

 これから、ビニールハウスの杉材の上で乾燥させるのですが、ハウスのビニール(サイド下)が破けているために、小麦を鳥さんに食べられないように防鳥ネットを張りました。

 乾燥・脱穀・製粉までこぎつければ、自家製「うどん・パン」も夢でなくなります。乞うご期待!
f0164410_21575838.jpg
f0164410_21582960.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-06-08 22:01 | 田圃と畑 | Trackback
遠方より来る!またからずや!!

 天神原が気に入り、四季の自然を味わいに遊びに来るリピーターの友がいます。

 数日前、一泊二日で山々の緑が深まってきたこの時期にやって来ました。天気はもう一つだったのが残念!

 天神原に引っ越し、仮住まいの頃から遊びに来てくれています。

 この友は、作業療法士(専門職)の仕事をしていた時の先輩と後輩です。
f0164410_14293379.jpg
f0164410_14301415.jpg

 いつも小生の大好きなお土産をたくさん持ってきてくれます。

 最も楽しみなのは、一緒に夕食をしながら一献傾け、「三線」に合わせて、即興で踊ることです。

 これが実に、ストレス発散になるのです。気心の知れた友と過ごす素晴らしさを実感するのです。

 彼等に、「家造り」の進捗状況を観てもらうことも、大きな励みになります。

 すてきな時間を過ごせたこと、友に感謝です! 

 もう、次の来訪を楽しみにしている自分がいます。

 

 
by sanpuuan1108 | 2009-06-06 14:35 | 暮らし | Trackback