人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

f0164410_19125592.jpgキッチンの内装工事がスタート!

 洗面所・脱衣所の内壁が、珪藻土塗りを残して完了し、次はキッチンの内装工事に取りかかりました。

 キッチンはいろいろと小細工しなくてはならないので苦労しそうです。

 まず、窓と勝手口のドアの額縁を作りました。
 その後、脱衣所・システムバス側の内壁:腰板・見切り板・ドア額縁を作成し、ラスボードと杉板の壁(この部分は食器棚の壁になる予定)を張りました。

 三角コーナーの棚の支柱作りでは、棚の桟を入れる部分に切れ込みを入れるのに時間を食ってしまいました。

 これから、シンク部分の板張り、ガスレンジ部分のレンジフードの取付など苦労しそうな作業が待っています・・・あせらずボチボチやるつもりです。
f0164410_19113484.jpg

by sanpuuan1108 | 2009-03-29 19:17 | 家造り | Trackback
長者ヶ原つつじ公苑草刈りボランティアに参加!

 途中から小雨でしたが、南伊豆町主催の「草刈り作業のボランティア」に参加してきました。

 我が家から歩いても約30分のところにある「長者ヶ原つつじ公苑」の草刈り作業です。
 こんもりとした山に、山つつじが点在しています。ゴールデンウィークが見頃?となります。
 
 天気のいい日には、展望台からの富士山が最高です。

 昨年は、草刈り払い機で草刈りをしたのですが、今年は山つつじに絡みついた蔓取り作業をしました。
 蔓が枝に食い込み枯れてしまっている枝もあります。
 
 蔓をはずすと山つつじの枝たちがのびのびと背伸びしてるみたいで、こちらまでが解放されスッキリします。

 一緒に作業をしていた草木に詳しい方が、「ここにあるよ」と教えてくれたのが「天然の椎茸」でした。
クヌギかコナラの倒木に5~6個ついていました。ちゃっかりとその椎茸をいただいてしまいました。
 
 この長者ヶ原周辺は、これから「タラの芽・わらび・ぜんまい」など山菜も採れます。

 自然の「草木の命」からいただく恩恵は計り知れないものがあるな・・・と自然を大切にし、感謝せねばと再認識したボランティアでした。
f0164410_15373849.jpg
f0164410_15382821.jpg

 
by sanpuuan1108 | 2009-03-22 15:44 | 暮らし | Trackback

88.裏山の伐採!

f0164410_9322557.jpg
裏山伐採が完了!

 1年ぶりに樹木の伐採をしました。

 我が家は、南東側が、伊浜地区の共有林で裏山となり、秋から冬にかけて陽当たりが遅くなります。
 そこで、伊浜区長さんに了解を取り、雑木を伐採することにしました。

 シイ・カシなどの常緑広葉樹を伐採し、クヌギ・ヤマザクラなどの落葉広葉樹は残すことにしました。
 落葉広葉樹は、冬には葉を落とし陽当たりを邪魔しないし、落ち葉は堆肥に使えます。

 久しぶりのチェーンソー操作で手間取ることも多く、さらに、杉の針葉樹と違い、広葉樹は曲がりかつ堅いので一苦労でした。周囲に樹木があるためきれいに倒れず掛かり木になってしまうのです。

 雑木15本くらい(直径:約40㎝)の伐採が完了するまでに2日間かかりました。
 その間に、3回ほどヒヤッとする場面がありました。
 1回は、直径10㎝くらいの細い木と安易に倒そうとしたら自分の方へ飛んできたのです。
 避けきれず額と後頭部を軽く打撲してタンコブを作ってしまいました。
 それ以上に危険だったのは、チェーンソーが作動したまま逃げまどったことです。
 チェーンソーで自分の身体を切断しかねないからです。
 緊急停止のレバ-を操作する余裕はありませんでした。

 今回の教訓は、機械の速さに乗らず、「あせらない!・安易にやるな!・疲れたら休め!」ということです。

 いただいた雑木の命は無駄にせず、感謝して薪に活用しようと考えています。

 染井吉野の開花がスタートしましたが、裏山の山桜が咲き始めました。f0164410_9163189.jpg




 
by sanpuuan1108 | 2009-03-21 09:35 | 暮らし | Trackback
天神原の木々が芽吹き始める!

 天神原(南伊豆高原)の山や里は、ここ数日の暖かさで樹木がいっせいに芽吹き始めました。

 まず、ヤシャブシ(実は桐タンスの染色に使うそうです)の雄花と雌花がでて、新芽が淡い新緑となります。
 山桜の新芽の赤紫のカバーが色付き始めます。

 里では、モクレン・コブシ・レンギョウの花が顔を出してきました。

 花瓶に活けた花は、キブシと花大根です。

 自然の一部である我々人間は、この春を迎え、自然の草木の息吹に接して何かを感じてしまうのは自然の摂理に生かされているからでしょうか。

 今日も命があり活動できることに心から感謝です!
f0164410_121644100.jpg
f0164410_12173553.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-03-20 12:19 | 自然 | Trackback

86.ワカメ干し!

海の幸ワカメをいただく!

 春五番?暴風雨の翌日!
 今朝、南伊豆町子浦の知人からワカメを大量にいただきました。(強風でワカメが岸に漂着か?)

 さっそく、湯通しして、「めかぶ・茎ワカメ」と「干しワカメ」にしました。

 めかぶは、刻んでトロトロの納豆みたいにして食すと絶品です。
 茎ワカメは、佃煮にして保存食にしたいものです。

 残りは、干しワカメにしてかなりの期間自給できそうです。
 
 ピンチ付きの洗濯物干しで乾燥させようとしたのですが、いただいた知人に聞くと「杉枝の薪材」にひっかけるといいよとのこと、さすが地元の方の知恵と感心しました。
 
 丁度、大家さんにいただいた杉の木を切った後:杉枝を片付けたのが庭にあったので大助かりです。

 是非!家造りが一段落したら、「海に幸」の魚を釣る腕を上げて少しでも自給したいものです。
f0164410_13445113.jpg
f0164410_13453494.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-03-15 13:48 | 暮らし | Trackback

85.甘酒仕込み?

甘酒?(どxろx)に初チャレンジ!

 5日前に、甘酒?(どxろx)を仕込んだのです。

 カミさんの初チャレンジ!

 限りなく自給自足をめざす我々の暮らし、エンゲル係数の中でかなり高い「甘酒?」をついに手作りしてみようということになりました。

 「手前味噌」作りの時に手作りした米麹を少し取り置き冷蔵庫で保存し、あらためて「共麹」で米麹を作り仕込んだものです。

 今回は、初めてなので、失敗を避けるために、「ドライイースト」の助けを借りて充分に発酵させることにしました。

 毎朝、仕込んだ原料を撹拌するのですが、5日目にして「甘酒?」から小生の好物の香りと味に近くなってきました。完成までもう少し、実に楽しみです。

 酵母の働きによる「発酵」のすごさに感服させられます。

 我が山風庵の庭には、いまだに「野生の菜の花」が咲いています。
 
 この菜の花から収穫する「菜花」を、カミさんは南伊豆町の産直「湯の花」に出荷しています。
売れ行きもまあまあでカミさんの菜園作りの励みになっています。
f0164410_11365342.jpg
f0164410_11375014.jpg
 

 
by sanpuuan1108 | 2009-03-14 11:40 | 手作り | Trackback
洗面所脱衣所張り!

 どうにか、洗面所・脱衣所の壁ができました。

 腰板を張り、見切り板をを付け、ドアの額縁を回し、ラスボード(珪藻土を塗る下地:石膏ボード)張りが完了しました。

 試行錯誤しながらの作業でかなりの時間がかかりました。

 まだ天井がないのですが、だいぶ部屋らしくなってきたと一人眺めて喜んでいます。

 これから天井張りと珪藻土塗りで一苦労ありそうです。
 
 でも、あせらず・あわてず・あきらめず、ボチボチとやります。
f0164410_1662664.jpg
f0164410_166516.jpg
by sanpuuan1108 | 2009-03-10 16:07 | 家造り | Trackback

83.雛人形

久しぶりに雛人形を飾る!

 今年もあっという間に3月となってしまいました。
 1月:いつの間、2月:逃げ月、3月:さらさらと去る・・・という通り、年明けての3ヶ月は実に月日の過ぎるのが早いものです。

 引っ越しや家造りで、バタバタと余裕が無く、「雛人形」はダンボール箱の中で眠っていましたが、久しぶりに飾りました。
f0164410_1282638.jpg
f0164410_1291513.jpg

 我が家には、雛人形が三つあります。

 一つは、娘2人に用意した「木目込人形」のもの。
 二つ目は、下の娘が小学生の頃に作った「陶器の人形」(写真は木目込人形の前にあるミニ雛人形)です。
 三つ目は、息子が幼稚園の頃作った「紙粘土の人形」で、実に素朴なもの。

 今年は、夫婦2人で「よもぎ団子」を作り、「雛祭り」をお祝いします。
by sanpuuan1108 | 2009-03-02 12:13 | 暮らし | Trackback