人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2008年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いよいよ外壁工事がはじまりました!

 3日間留守をしている間に、「外壁」工事」が進んでいました。

 「杉板の南京張り?(下見板張り)」です。
 なかなか素朴で、いい感じになってます。

 この杉板に保護材として天然の「柿渋」を2度塗りしようと考えているところです。
 「柿渋」は、空気に触れ、太陽の紫外線を受けて徐々に茶褐色に変わるそうです。
 その変化が楽しみです。

 屋根の「コロニアル:黒」と壁の「杉板:茶褐色」がうまくマッチングしてくれると良いのですが・・・・・・。
f0164410_15161746.jpg
f0164410_15165887.jpg
by sanpuuan1108 | 2008-08-31 15:18 | 家造り | Trackback

47.「初孫」に再会!

3週間ぶりに初孫と再会しました!

 「初孫」に初対面し、3週間が過ぎ、会いに行ってきました。
 
 その途中で、息子の引っ越しの手伝いをやりました。

 「孫ちゃん」は、しばらく観ない間に、顔がふっくらとして表情も豊かになっていました。
 抱っこしてみましたが、最初の時に比べて抱きやすくなった感があります。
 誕生して1ヶ月が過ぎ、だいぶ大きくなってきたのでしょう。
 「ジーッと黒い瞳」で観つめられると、何か吸い込まれる感じになります。
 「ジージ」と解ってるのではと・・・ついつい想ってしまいます。

 動物の子供が無条件に愛らしいのは、子供(小さく・無力な者)f0164410_16283872.jpgが持つ「目の表情・しぐさ」の純粋さなのかもしれません。

 「カミさん」は、娘の手伝いが終了し、小生は「初孫」に再会を果たして、一緒に天神原に戻ってきました。

 夕食時に「カミさんの存在とありがたさ」に対して、直接「感謝の気持ち」を伝えたのであります。
by sanpuuan1108 | 2008-08-30 16:30 | 暮らし | Trackback
中間検査が無事に終了!

 一昨日、「中間検査」が、無事終了し一段落しました。
 
 「基礎工事・建前工事・屋根工事」が完了し、「中間検査」を受けないと、次の「外部(外壁)工事」に入れません。
 壁を張ると「骨組み構造:筋交い・止め金物」が十分に確認できないからだそうです。

 棟梁からは、できる限り早く「外部工事」をはじめ、壁を張りたい意向だったので、申請をした翌日に「下田土木事務所」の担当者による検査が実施されたのは幸運でした。
 通常は申請してから1週間後に行われるからです。

 棟梁が「外部工事」を急いだ理由は、「台風が怖い」とのことでした。
 と言うのは、今の時期に台風が上陸していないので近いうちに強力な台風が来る可能性があると予想したのでしょう。
 「壁のない家」は強風で屋根が吹き飛ばされてしまうからです。

 棟梁のすすめで、「建築中の保険」に入りましたが、台風の来る前に「外部(外壁)工事」が無事完了しますようにただ祈るばかりです。
by sanpuuan1108 | 2008-08-22 09:15 | 家造り | Trackback
屋根工事が完了!

 「方形の屋根」が、ついに完成しました。
 約10㍍x10㍍の正方形の寄せ棟です。
 すっきりした佇まいで、なかなか気に入ったフォルムを現しました。

 写真をアップしたいのですが・・・、我が家には、「デジカメ」がありません。
 今までは、携帯の「写メ」で写真を全てアップしていましたが・・・。

 現在、「カミさん」が娘のところへ出かけ、携帯を持って行ったので、写真が撮れません。実に残念です。携帯が帰宅しましたら、写真をアップします。

 「コロニアルの黒」で、なかなか落ち着いた感じに仕上がりました。

 「屋根工事の職人(板金)」さん、暑い中、高い場所での仕事、怪我なく完成の運びなりましたこと、誠にありがとうございました。
by sanpuuan1108 | 2008-08-20 21:15 | 家造り | Trackback
カミさんが不在で、家事仕事の重要さを痛感!

 「カミさん」が、出産した娘の手伝いで、不在となり一週間が過ぎ、徐々に「家事仕事」の重要性をあらためて痛感しつつあります。

 「炊事・洗濯・掃除」などの、もろもろの『家事仕事』は、「生活の基本!」だと実感しなおしました。

 結婚して、30年余になります。「カミさん」が、「家事仕事」を日々持続的にやってきたことに、頭が下がる想いです。 
 時々、「ありがたい」と思うことはあったのですが、・・・・・・・
 今回の一人暮らし、外食もままならず、3食を炊事しないと飢えてしまいます。暑くて、衣服は汗でびっしょり、「洗濯」をこまめにしなくてなりません。「掃除」は、手抜きをしていますが・・・。

 「カミさん」がいなくて、「ありがたさ!」をつくづく痛感する「存在感」と共に、やり続けてくれた「家事仕事」に心から感謝!です。

 「ブログ」で間接的に「感謝の気持ち」を伝えるのでなく、直接「カミさん」に伝えることが、課題です。でないと本人には伝わらないからです。
 
 この夏のチャレンジとして、直接「カミさん」に、『感謝の気持ち』を伝えること!

 この機会を作ってくれた「娘夫婦と初孫」に感謝!です。ありがとう!
by sanpuuan1108 | 2008-08-15 10:05 | 暮らし | Trackback
行きはよいよい帰りが怖い自転車で町へ!

 昨日、「折り畳み自転車」で町へ出かけました。「郵便局と農協」に用事があったからです。

 いつもは、「自家用車」で行くのですが、「カミさん」が出かけて不在のため、運転免許のない小生は、「歩くか、自転車か、バス」しかありません。

 どうしても用事を片付けなければならず、思い切って「折り畳み自転車」でチャレンジしました。

 行きは実に快調で、特に天神原から蛇石までは、標高300㍍から一気に200㍍くらい下ります。涼しい風を切りまさに直滑降です。ブレーキをこまめにかける手が疲れるくらいスピードがでます。
 その後の行程も緩やかな下りです。町まで約35分かかりました。(自動車で約15分)

 用事を済ませ、帰ろうといざ自転車をこぎはじめたら、蛇石まで徐々に坂がきつくなり、ついにバテてしまいました。
 自動販売機でジュースを飲み一休み、蛇石からの急坂を登る気力は失せてしまいました。

 そこへ「救いの神:バス」が来たのです。さっそく自転車を折り畳み、乗り込みました。冷房の車内は天国でした。

 「自家用車なし」でどれくらい暮らせるのか?を試す良い機会でした。ついつい便利な車に頼ってしまいますが、「折り畳み自転車」と「1日数本運行のバス(貴重な存在)」を上手に利用する手があることを発見した一日でした。

 「折り畳み自転車とバス」に感謝!です。
by sanpuuan1108 | 2008-08-14 11:37 | 暮らし | Trackback
初孫と対面し、ジージになったことを実感!

 「建前工事」が一段落した翌日、早朝に天神原を出発し、娘の住む「前橋市」へ飛んで行きました。
 
 昼過ぎに「初孫」と対面することができたのです。
 印象としては、ものすごく「小さい!」、しかし、しっかりと「人の姿」に少々驚きました。

 娘と息子の生まれた時のことをすでに忘れてしまっていました。

 おそるおそる抱っこし、間近に観ると、子ども達が生まれた時の顔を想起し、どことなく似てるな!:「1/4のDNA」が繋がっているのか?と感慨深いものがありました。

 その後、1泊して、小生だけ、天神原に戻りました。「カミさん」は、しばらく娘の手伝いでいません、久しぶりの「一人暮らし」です。のんびりやりたいものです。

 一人になってみて、ジワーッと「ジージ」になったんだ・・・・・・と実感が湧いてきました。
 
f0164410_15531672.jpg

by sanpuuan1108 | 2008-08-09 11:51 | 暮らし | Trackback
f0164410_2303144.jpg3日間で建前工事が無事完了!

 「建前工事」が、小雨はありましたが、天気も良く、怪我なく無事終了しました。
 
 棟梁はじめ各職人さんのおかげで、完成したことを、心から感謝です!誠にありがとうございました。

 最終日の今日、天神原は、少しの雨ですみ、屋根仕舞いに大きく影響しませんでした。
 しかし、南伊豆の中心部は2時間で100㎜の集中豪雨でした、これはまさに幸運だったとしか言いようがありません。

 「天神様としいの木の大木さん」にお願いしていたからだと思います。

 明日から1泊2日で、「初孫」に会いに出かけます。「ジージ」の実感を味わってきます。 
 f0164410_22535912.jpg
f0164410_22543181.jpg

by sanpuuan1108 | 2008-08-05 23:11 | 家造り | Trackback
ヒグラシ?が網戸に飛来! 

 今朝、縁側の網戸に何かとまったので、よく観ると、セミです。
 近づいても、逃げないので羽化したばかりかもしれません。
 さっそく、写メを取りに行き撮影しました。

 インターネットの「セミ図鑑」で調べると、「ヒグラシ」かな?f0164410_1335334.jpgと判断しました。

 朝な夕なに「もの哀しげ」に鳴きます。 猛暑も、もう少しで峠を越えるといつも想います。
 暑い夏を惜しむような鳴き声に聴きとれる気がするのです。
by sanpuuan1108 | 2008-08-01 13:05 | 自然 | Trackback