人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:家造り( 65 )

電気メーター設置

 仮設の「電気引き込み」から、ついに、正式な「電気メーター設置」の工事と検査が完了しました。
f0164410_21125894.jpg

 本線からの引き込み線は、我が家の敷地内にあるNTTの電柱上部に逆さL字型の金具を取り付け、そこを経由して引き込みました。

 電気料金を算定する「電気メーター」が取り付けられました。
f0164410_21132493.jpg
 1週間、実家に帰省している間にメーターを設置、帰宅時のメーターは、「9023」を示していました。

 今まで、電気料金は定額方式でしたが、これからは電気使用量に応じて料金が算定されるので、限りなく「節電」にチャレンジすることになりそうです。

 これからどれ位の「電気使用料」になるのか?・・・ヒヤヒヤといったところです。
by sanpuuan1108 | 2010-11-19 21:18 | 家造り | Trackback
シーリングファン玄関灯設置!

 リビングに「シーリングファン」を、玄関に「玄関灯」を設置してもらいました。

 この2つは、インターネットで購入し、定価の約4割の値段でした。

 買い物が不便な田舎暮らしの身には非常に助かります。

 しかし、製品の「定価」:「物の値段」とは一体どのような仕組みになっているのか?・・・「安く買えればそれでいいのか?」と時々考えさせられます。
f0164410_2147355.jpg

 リビングの「シーリングファン」は、ここが吹き抜けで暖房がなかなか効かないため、それを少しでも改善しようと設置しました。天井に昇った暖かい空気を撹拌してくれますように!・・・。

 冬の暖房は、石油ストーブ2台と簡易囲炉裏なので、これによりどの位効果があるのか試してみるのが楽しみです。

 リビングにもう1つ、照明器具を取り付けました。それは、修善寺のリサイクルショップにて格安で購入し和室に付けた同じものを壁に取り付けました。

f0164410_21474387.jpg
 「玄関灯」は、明るさセンサー付きにしました。しかし、省電力で寝る前には消灯することになるでしょう。

 今まで、建設工事による「仮設の電気料金(ほぼ定額)」でしたが、これからは、メーターによる電気料金が果たしてどの位になるのか?・・・気懸かりなところです。
by sanpuuan1108 | 2010-11-08 21:53 | 家造り | Trackback
和室・寝室照明設置!

 本日、電気設備の最終段階の工事をしました。

 足かけ2年かかりました・・・内装工事が完了しないと電気設備の工事ができないからです。

 その内装工事が完成する段階を待ち、3期に分けて工事をして下さった、「N電気商会(下田市)」:Sさんのご好意に心から感謝しています・・・本当にありがとうございました!

f0164410_20444310.jpg

 和室の照明は、修善寺近くの「リサイクルショップ」で見つけた和風の照明器具を取り付けてもらいました。

 それは、すごく格安で2つ手に入れたものです。もう1つは、リビングの壁に設置してもらいました。

f0164410_20482220.jpg
 寝室は、前居住地のリビングで使っていた照明器具(2つ)の1つを設置してもらいました。

 もう1つは、キッチンの照明器具として使っています。

 予算上、建設費のコスト削減のために、「もったいない」の精神で再利用できたことがすごくうれしいです。

 それが叶ったのもひとえに、「N電気商会のSさん」をはじめ、そのSさんを紹介してもらったO棟梁のお陰と心から感謝です!
by sanpuuan1108 | 2010-11-07 20:57 | 家造り | Trackback

193.内装工事

和室の大工工事完了

 ついに、和室(ゲストルーム:6畳)の大工工事が完了しました。

 残っていた床の間の天井と押入の天井・ふすまの上の内壁に杉板を張り終えました。

 床の間の天井は、竿縁天井?にしてみました。こんなものでいいのか?機会があれば棟梁に観てもらうことにします。

f0164410_938232.jpg


 押入の天井と内壁は、寝室と和室の天井板の端材を継ぎ接ぎしながら使いました。

 家を借りていた大家さんに頂き、自分で伐採した杉材なので少しでも無駄にしたくないのです。

 最後に出た切れっ端の材も薪風呂の薪に利用しています。

 いよいよ、残っている各部屋の「塗り壁」の壁材を決断する時がやってきました。

 先日、畳の発注をしたので、近日中に和室の採寸に見えることになっています。

 畳が届くまでには、和室の壁塗りを完了させたいものです。

f0164410_9391772.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-10-09 09:48 | 家造り | Trackback

191.内装工事

和室の天井張り完了

 
f0164410_1501450.jpg


 和室:6畳間の天井板をようやく張り終えました。

 最後の1枚を張るのに苦労しました。

 と言うのは、最後の1枚の板が曲がっていてどうしてもすき間があいてしまうからです。

 そこで、当て木を打ち、板と当て木の間にくさび形の木を打ち込み徐々にすき間をなくしていきます。

 若干のすき間は残りましたが、約1㎜くらいなので良しとしました。

 後は、床の間と押入の天井を張れば大工仕事が完成です。

 さらに、壁塗り材を決定し左官工事が終了し、畳を敷き込めば和室の「ゲストルーム」が完成です。

 畳屋さんに、畳の注文をする段階に、ようやくこぎつけました。

 f0164410_151726.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-10-03 15:06 | 家造り | Trackback

188.内装工事

和室の回り縁野縁工事に取りかかる

 和室のラスボード張りが終わり、「回り縁」と「野縁」工事の準備に取りかかりました。

 いよいよ天井板を張る段階です。

 「回り縁」は約60㎜の角材を使ったのですが、柱の切れ込みにはめ込むのですが最後の角がなかなかはめ込めず苦労しました。

 しかし、少々荒業ながら柱の角をノミで欠き、強引にはめ込んでしまいました。

 何かいい方法があるのでしょうから、機会があれば棟梁に確認したいものです。

 
f0164410_911431.jpg


 天井板を張るときの骨組みとなる「野縁・野縁受け」をほぼ組み込んだのですが、和室の天井では少し中心を引き上げるつもりです。

 それは、寝室で天井をフラットに張って中心が垂れ下がっているように見えたからです。

 これは、眼の錯覚から生じるとのこと、そのためのに中心部を少し引き上げるという先人の知恵だそうです。

 f0164410_915278.jpg



 
by sanpuuan1108 | 2010-09-16 09:26 | 家造り | Trackback

181.内装工事!

和室の腰板ラスボード」張り完了

 和室:西側角の「腰板+見切り板+ラスボード」部分を張る作業がようやく完了しました。

 あとは、「障子・引き戸・押入のふすま・床の間」の上のラスボード張りが残っていますが、ラスボードの買い置きがないので明日(土曜日が割り引きなので)下田市まで買い出しに行って来ます。

 ラスボード張りが終了すると回り縁を付け、野縁を組みながら天井板を張ればほぼ完了です。

 最後の仕上げは、ラスボードに壁を塗り(まだ何を塗るのか決まっていない!)、畳を注文すれば、和室(ゲストルーム)の完成です。

 もう少し、秋の気配を感じる頃には、どうにか片を付けたいものです。

f0164410_20143042.jpg
f0164410_20175683.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-08-06 20:19 | 家造り | Trackback

180.内装工事

和室:床の間腰板ラスボードを張る!

 今年も8月に突入しました!猛暑続き、暑中お見舞い申し上げます。

 家の内装工事も部屋作りとして最後になる「和室(6畳:ゲストルーム)」に取りかかりました。

 汗だくになりながら作業を続けました。

 腰板の準備(サンドペーパーかけ)に半日、和室に雑然と置いてあった荷物の整理に半日かけました。

 昨日・今日で「床の間」の腰板・見切り板・ラスボード張りが完了しました。

 明日から残りの腰板・見切り板・ラスボード張りを熱中症に気を付けてやります。

f0164410_20205038.jpg
f0164410_20213259.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-08-03 20:22 | 家造り | Trackback

179.内装工事

寝室の天井板張り完了

 寝室の天井板張りが3日間で完了しましたが、材料の準備に1日かかったので、実質4日間を要しました。

 天井は、すべて張らず、南東側と北東側を約80センチ開けて風通しをねらいました。

 梅雨明けで、猛暑、天井張りは屋根裏で熱く、サウナ状態で気持ちのいい汗を一杯かきました!
 
 知識としてはあったのですが、それは、「天井板を張る時は、人間の錯覚で水平に張ったとしても中央が下がって見えてしまう!・・・ゆえに、中央を若干上げる(下地の野縁を)」とあります。

 洗面所・脱衣所・キッチンと天井板を張ったのですが、その時は、気にせず水平には張ったのに、狭かったためか目立ちませんでした。

 しかし、今回の寝室はそれなりに広いのか?少々中央が下がっている気がしてなりません。

 先達者の言うことをちゃんとやれば良かったと思っているところです。

 ところで、どれくらい中央を上げればいいのか?調べなくてはなりません。

 と言うのは、いよいよ部屋としては、最後の和室の内装工事に突入するからです。
f0164410_21352813.jpg
f0164410_21361842.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-07-20 21:43 | 家造り | Trackback

173.内装工事

寝室の上壁張り完了

 梅雨の晴れ間にカンナがけしたヌキ板を使い、ようやく寝室の上壁張りが終わりました。

 杉板がもったいないので、ヌキ板もきれいに(平に)製材されていなくて、節や丸太の木肌が残る部分も利用しました。

 そのためか素人の手造りという感じに仕上がり、とてもいい感じで気に入っています。

 つぎは、部分的に天井(全体の半分くらい?)を張ると寝室の内装工事がほぼ完了します。

 まだ、ラスボード部分の珪藻土(?)塗りが残っていますが・・・・・・・。

f0164410_1515084.jpg
f0164410_1523860.jpg
by sanpuuan1108 | 2010-06-27 15:10 | 家造り | Trackback