人気ブログランキング |

終の棲家で、できる限り自給自足をめざし、自然にやさしい暮らしで観聴き・感じたことを「あるがまま」に書けたらいいな・・・


by sanpuuan1108
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

101.野うさぎのこどもに遭遇!

ピーターラビット!?・・・こども野うさぎに癒される!

 昨日の午前中に遭遇したのです。

 毎年、栗をいただいている方の屋敷にある栗林の草刈りをしていた時のことでした。

 刈り残した草むらの中で何かが動いたのです・・・よく観ると、それは小さくて実に可愛い「子うさぎ」でした。ジーッとしていたのですが、突然駆け出し次のクローバーのしげみに逃げ込みました。

 昨年もこの栗林の草刈りをしたのですが、その時は「草刈り払い機」でした。
しかし、今年は「手刈り鎌」(山で下草刈りに使う柄の長い大鎌)にしたのが効を奏したようです。

 というのも、刈り払い機だと機械音で「子うさぎ」の動く音など聞こえるはずがありません。

 まさにピーターラビットの世界です・・・捕まえたくなってしまいました。
そこで、鎌を研ぐために、用意していたバケツ(水入れの)を使ってどうにか捕獲できたのです。

 自宅に持ち帰り、犬用のケージにアニマルメッシュ(網)をかけたものに入れ、クローバーの葉をやりましたが、キョトーンとして「大変なことになった・・・」とジーッとしています。
 ある時から逃げ出そうとケージをかじったりジャンプしたり前足で床を引っ掻いたり必死に動き回ります。すると疲れるのか?またジーッとしています。
 時に、クローバーの葉をモグモグとたべるのです。その姿が実に愛らしくて、先日遊びに来た初孫が離乳食を食べている姿と重なってきました。

 この「子うさぎ」は、体調が約20㎝で生後1ヶ月くらいと思われ、巣の親元から離れ遊びがてら草を食べに外へ出てきたのかもしれません。

 数時間一緒にいたら、実に可愛らしくて手元に置きたい気持ちは山々でしたが、「子うさぎ」は親元に帰りたいだろうなと徐々に思えてきました。
 初孫の姿(目としぐさ)とオーバーラップしてしまい、無事親元に戻れますようにと祈りながら捕獲したところに放してやりました。一目散に駆け出して行ってしまいました。

 寂しさがつのりました。「子うさぎ」と短い時間でしたが一緒にいられ愛らしい姿に癒され、写真にも収めることができ感謝です。

 「子うさぎ」さん、誘拐?してごめんなさい!でも、ありがとう!すこやかに!・・・・・・・・・。
f0164410_1172027.jpg


  
トラックバックURL : https://sanpuuan11.exblog.jp/tb/11044562
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by sanpuuan1108 | 2009-05-12 11:16 | 自然 | Trackback